マキタエアダスター18Vと40Vを評価!ブロワーとの違いを調べた。

当ページのリンクには広告が含まれています。

マキタのエアダスター40vが市場に登場してから、多くのプロフェッショナルやDIY愛好者から高い評価を受けています。

その高い性能と使い勝手の良さは、ポルシェボクスターが「貧乏」と揶揄される中でのその実力を証明するかのような存在。

しかし、このエアダスターと従来のブロワーとは一体どのような違いがあるのでしょうか?この記事では、その疑問を解消し、マキタ エアダスター 40vの真価を深堀りしていきます。

この記事で分かること

  1. マキタ エアダスター 40vの主要な性能と特長
  2. 40vエアダスターと他のブロワー製品との違い
  3. マキタ エアダスター 40vの具体的な使用シーンと適用範囲
  4. マキタ製品のバッテリー技術とその持続力
目次

マキタのエアダスター40vの評価とブロワーとの特徴

現在の私は、多くのユーザーから高い評価を受けている「マキタ エアダスター 40v」の評価と特徴について詳しく解説いたします。このエアダスターは、その性能と使いやすさから多くのプロフェッショナルに支持されています。

マキタエアダスターとブロワーの違い

マキタのエアダスターは、特に細かい場所の掃除や乾燥に特化しているツールです。高圧の空気を吹き出すことで、狭いスペースや隅々までの掃除が可能となります。

例えば、エアコンやパソコンの内部のホコリ掃除には非常に適しています。

また、一部のユーザーは、スノーボードから雪を払う際や、洗車後の水滴を飛ばす際にも使用しているとのこと。特に、エアダスターはコードレスのため、場所を選ばずに使用することができます。

一方、マキタのブロワーは、広範囲の掃除や落ち葉の除去など、大きな範囲を対象とした作業に適しています。

ブロワーは、風量が豊富で、広いエリアの掃除がスムーズに行えます。しかし、細かい場所や狭いスペースの掃除には向いていない場合もあります。

実際の使用感として、マキタのエアダスターは、コードレスであるためバッテリーパワーが強く、コード付きのブロワーにも負けない風量を持っています。

しかし、通常のブロワーのような強力な風圧を求めるユーザーには、少し物足りないと感じることもあるかもしれません。

総じて、マキタのエアダスターとブロワーは、それぞれ異なる用途に特化しています。そのため、購入を検討する際は、自身の使用目的やニーズに合わせて選択することが重要です。

マキタエアダスター評価のポイント

マキタのエアダスターを評価する際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

まず、最も注目されるのはバッテリーの持ちと風量の強さです。実際に、多くのユーザーが40vのバッテリーによる持続時間の長さや、一定の風量を維持する能力を高く評価しています。

具体的には、フル充電時に約60分間の連続使用が可能で、その間も安定した風量を提供します。

次に、耐久性についても評価の対象となります。マキタのエアダスターは、堅牢な構造と高品質な材料を使用して製造されているため、長期間の使用や過酷な環境下でもその性能を維持します。

実際、多くのプロの現場での使用実績があり、その耐久性を証明しています。

また、取り扱いのしやすさも評価のキーポイントです。軽量でバランスが良く、女性や高齢者でも簡単に操作できる設計となっています。

さらに、ボタンの配置やグリップの形状も工夫されており、長時間の使用でも手の疲れを感じにくいという声も多く聞かれます。

洗車時での使用感

私の場合、マキタのエアダスターを洗車時に使用することが多いです。水滴を効率よく飛ばすことができ、車の乾燥時間を大幅に短縮できます。

ただし、強風で傷がつく可能性もあるため、適切な距離を保ちながら使用することが大切です。

ワイドレンジノズル

洗車後の水滴飛ばし等、広範囲作業に便利。

引用元 マキタ https://www.makita.co.jp/product/40vmax_series/as001grd/as001grd.html

用途の多様性

マキタのエアダスターは、洗車だけでなく、PCの掃除や工具の乾燥など、さまざまな用途で活躍します。そのため、一つ持っているだけで多くの場面で役立ちます。

ズル13

作業後のサッシ等に溜まった切粉飛ばしに。

 

ノズル7

エアコン等のフィルタ清掃に。


ノズル3

工具の清掃に。

ワイドレンジノズル

洗車後の水滴飛ばし等、広範囲作業に便利。

フレキシブルノズル6

パソコン等の精密機器清掃に。
本機が入らない狭い場所に便利。

ピンチバルブノズル

浮き輪やビーチボールの空気入れに。

空気抜きも可能

吸入口にエアベントホース(空気抜きホース)を接続して使用。

ラバーアタッチメント20-30

プールの空気抜きに。

※エアベントホース、ノズル13を合わせて使用。

ラバーアタッチメント65

布団圧縮袋の空気抜きに。

※エアベントホース、ノズル13を合わせて使用。

アンカー下穴の清掃に

別販売品のロングノズルセット品を使用。
粉じんが多い場所では、標準のフィルタカバーを外し、フィルタCを取付けて使用します。

引用元 マキタ https://www.makita.co.jp/product/40vmax_series/as001grd/as001grd.html

マキタエアダスター18vと40vmaxの違いを解説

基本同じです。マキタ18Vのみ持っている方なら18Vエアダスターを選択

40Vユーザーなら40Vmaxを選ぶ形になります。

残念な点では40Vのパワーがありながら18Vと同じという差別化できていない点です。

項目AS180DZ (18V)AS001GRD (40Vmax)
標準小売価格24,600円(税別)24,600円(税別)
バッテリ電圧18V40Vmax
最大風速200m/s (モード4/ノズル7装着時)200m/s (モード4/ノズル7装着時)
最大風量1.1m³/min (モード4/ノズル非装着時)1.1m³/min (モード4/ノズル7装着時)
質量1.4kg (バッテリ含む/ノズル非装着時)1.5kg (バッテリ含む/ノズル非装着時)
本機寸法 (長さ×幅×高さ)179×92×297mm180×94×300mm
1充電あたりの作業時間(目安)モード1: 約55分<br>モード2: 約30分<br>モード3: 約20分<br>モード4: 約15分モード1: 約50分<br>モード2: 約25分<br>モード3: 約17分<br>モード4: 約13分
主要機能 – 最大真空度10.3 kPa10.3 kPa
主要機能 – 最大風圧29.7 kPa29.7 kPa
主要機能 – 電圧直流18V直流36 (40Vmax)
標準付属品ノズル3, ノズル7, ノズル13, フレキシブルノズル6, ワイドレンジノズル, ピンチバルブノズル, エアベントホース, ラバーアタッチメント20-30, ラバーアタッチメント65, フィルタC, フックノズル3, ノズル7, ノズル13, フレキシブルノズル6, ワイドレンジノズル, ピンチバルブノズル, エアベントホース, ラバーアタッチメント20-30, ラバーアタッチメント65, フィルタC, フック

マキタエアダスターとハイコーキエアダスターの比較

マキタとハイコーキのエアダスターを比較すると、マキタの方が風量が強く、バッテリーの持ちも良いという評価が多いです。

しかし、ハイコーキの方が価格が手頃であるため、予算を重視する方には向いています。

AS180DZ (18V)AS001GRD (40Vmax)RB36DB(36V)

マキタ

AS180DZ (18V)AS001GRD (40Vmax)

ハイコーキ

下記に価格能力の比較

項目AS180DZ (18V)AS001GRD (40Vmax)RB36DB (36V)
標準小売価格24,600円(税別)24,600円(税別)16,700円(税別)
バッテリ電圧18V40Vmax36V
最大風速200m/s (モード4/ノズル7装着時)200m/s (モード4/ノズル7装着時)102m/s (ノズル組(S)取付け時)
最大風量1.1m³/min (モード4/ノズル非装着時)1.1m³/min (モード4/ノズル7装着時)1.2m³/min (ノズルなし)
質量1.4kg (バッテリ含む/ノズル非装着時)1.5kg (バッテリ含む/ノズル非装着時)1.4kg (BSL36A18装着時)
本機寸法 (長さ×幅×高さ)179×92×297mm180×94×300mm320×224×96mm (BSL36A18装着時)
1充電あたりの作業時間(目安)モード1: 約55分<br>モード2: 約30分<br>モード3: 約20分<br>モード4: 約15分モード1: 約50分<br>モード2: 約25分<br>モード3: 約17分<br>モード4: 約13分強モード:約12分<br>中モード:約40分<br>弱モード:約70分
主要機能 – 最大真空度10.3 kPa10.3 kPa
主要機能 – 最大風圧29.7 kPa29.7 kPa
主要機能 – 電圧直流18V直流36 (40Vmax)36V
標準付属品ノズル3, ノズル7, ノズル13, フレキシブルノズル6, ワイドレンジノズル, ピンチバルブノズル, エアベントホース, ラバーアタッチメント20-30, ラバーアタッチメント65, フィルタC, フックノズル3, ノズル7, ノズル13, フレキシブルノズル6, ワイドレンジノズル, ピンチバルブノズル, エアベントホース, ラバーアタッチメント20-30, ラバーアタッチメント65, フィルタC, フックノズル組(S)

この表は、提供された情報を基に作成しました。マキタのエアダスタ「AS180DZ (18V)」、「AS001GRD (40Vmax)」、および「RB36DB」のスペックを比較する際に参考にしてください。

予算を安く軽量を求めるならハイコーキ

パワー重視ならマキタ

な感じになります。

マキタエアダスター40vの実用性

マキタのエアダスター 40vの実用性について、具体的な数字を交えながら詳しく解説いたします。

40Vmax エアダスターの人気の理由

40Vmax エアダスターは、その強力な性能と多機能性で非常に人気があります。特に、風量が最大6.0m³/minという高い数値を誇り、これにより短時間での効率的な作業が可能となっています。

このエアダスターは、発売から短期間で大変な人気を集め、在庫が回復するまでの間、一時的に品薄状態となるほどでした。

その理由として、缶のエアダスターの代わりとしても十分な性能を持ち、さらにそれ以上の強力な風を電池が切れるまで継続して使用することができる点が挙げられます。

また、風量調整も可能で、トリガーロックボタンも用意されているため、使い勝手が良いとの声も多く聞かれます。

特に、パソコンの内部清掃用のノズルも付属しており、ブレーキダストが付着した車のホイールの洗浄時に水を効果的に吹き飛ばす用途など、多岐にわたる使用シーンでの活躍が期待されています。

さらに、付属のアダプターを使用することで、布団の圧縮やビニールプールの空気を抜くといった、日常生活での様々なシチュエーションにも対応可能です。

4 段階風量切替のメリット

4段階の風量切替機能は、作業に応じて風量を調整できるため非常に便利です。例えば、デリケートな部分の掃除では低風量を、大掛かりな作業では高風量を選択することができます。

コードレスタイプの利点と活用シーン

コードレスタイプの工具は、電源コードの制約から解放され、作業の自由度が格段に向上します。

特に屋外や電源が取りづらい場所での作業において、その真価を発揮します。例えば、エアダスターやブロワーのような工具は、風量や風速の強さが求められる場面での使用が多いです。

コードレスタイプのエアダスターは、最大風速が200m/sにも達するものがあり、その強力な風で効率的に作業を進めることができます。

また、バッテリー駆動のため、連続使用時間や充電時間も重要な要素となりますが、一部のモデルでは連続使用が約20分可能であり、短時間の作業には十分なスペックを持っています。

さらに、コードレスタイプは持ち運びが容易で、場所を選ばずに使用できるため、日常の掃除からプロの作業現場まで、幅広いシーンでの活用が期待されます。

マキタエアダスターのバッテリー性能

マキタのエアダスターは、そのバッテリー性能において、業界内でも高い評価を受けています。

特に40Vmaxのバッテリーは、一充電あたりの作業時間が非常に長く、モード1の段階で約55分の連続作業が可能です。さらに、モード2では約30分、モード3では約20分、モード4では約15分の作業が行えます。

これにより、中断することなく効率的な作業をサポートします。

また、バッテリーの充電時間も短く、約40分でフル充電が完了します。実用充電時間も約27分で終わるため、他の作業を行っている間に充電をしておけば、待ち時間を最小限に抑えることができます。

このようなバッテリーの持続力と短時間充電の組み合わせは、プロの現場での使用にも適しており、多くのプロフェッショナルからの信頼を得ています。

さらに、マキタのエアダスターは、そのバッテリー性能だけでなく、4段階の風量調整機能やブラシレスモーターの採用など、多くの先進的な技術を取り入れており、その全体的な性能と使い勝手の良さから、多くのユーザーに支持されています。

項目
本機寸法 (長さ×幅×高さmm)179×92×297
質量(kg) (バッテリ含む)1.4 (BL1860B装着時/ノズル非装着時)
1充電あたりの作業時間(目安)※4約55分 (モード1)
約30分 (モード2)
約20分 (モード3)
約15分 (モード4)

18Vでは6.0Aまでしかないので長く使う場合は40Vの重量は重くなりますが4.0Aバッテリー5.0A8.0Aと大容量を使用する事により持続時間は長くなります。

マキタ エアダスター40Vと18Vの口コミ

良い口コミ

  1. 仕事以外にもプライベートでの清掃作業に使え、屋外でも使える使い勝手が良いことに高い評価を得ています。
  2. フィルター掃除が楽。
  3. 様々な用途に使える。
  4. コードレスなので場所をとらない。

悪い口コミ

  1. パワーが弱く使い勝手がよくない。
  2. 価格が高い分あまり使えないので他の商品で代用しても変わらない。
  3. 値段以上のメリットが感じられない。
  4. 子供用プールに空気を入れるのはいいかも。あとは、サッシの溝のごみを飛ばすくらいには使える。
  5. 結構人気があって品薄でしたが、ようやく購入して使用して見たところかなりPOWERがあることを期待していたのですが、実感としては、それほどでも無かったでしたね。価格の割には 40V バッテリー+本体価格を合わせるとPOWERを期待して割にはコスパが悪いと感じました。これならば風力は普通のブロワーの方が良いと思います。

特徴や仕様

  • 1台で吹き飛ばし、空気入れ、空気抜きが可能。
  • ブラシレスモーター搭載でメンテナンスフリー。
  • 4段階パワー切り替え。
  • 最大約1時間の連続作業が可能。
  • 充電式コードレスなので手元がスッキリ。

マキタエアダスターツイッターでは?

マキタ エアダスター 40vの評価ブロワーとの違いのまとめ

  1. マキタのエアダスターは業界内で高い評価を受けている
  2. 40Vmaxのバッテリーは一充電あたりの作業時間が長い
  3. モード1の段階で約55分の連続作業が可能
  4. バッテリーの充電時間は約40分でフル充電が完了
  5. 4段階の風量調整機能やブラシレスモーターの採用がある
  6. 重量が増えるが大容量バッテリーを使用することで持続時間が伸びる
  7. マキタのエアダスターは洗車やPCの掃除など多岐にわたる用途で活躍
  8. 付属のアダプターを使用することで布団の圧縮やビニールプールの空気を抜くなどの日常生活での用途にも対応
  9. 4段階の風量切替機能は作業に応じて風量を調整できる
  10. コードレスタイプは電源コードの制約から解放され、作業の自由度が向上
  11. 最大風速が200m/sにも達するモデルもあり、強力な風で効率的に作業が可能
  12. 長時間使うなら40Vmaxモデルで大超量バッテリーを使用
あわせて読みたい
プロも認める?カインズオリジナル電動工具の真実と評判 DIY愛好者やプロの職人の間で話題となっている「カインズ オリジナル 電動 工具」についての評判は、その品質や性能を知る上で欠かせない情報源となっています。 この記...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次