電動工具はつり小型機の徹底ガイド!その特徴と活用法

当ページのリンクには広告が含まれています。

電動工具の中でも、特に「はつり機」は建築や解体作業の際に欠かせないアイテムとなっています。

しかし、その中でも「小型」のはつり機は、そのコンパクトさと高い性能で多くのプロフェッショナルやDIY愛好者から支持を受けています。

この記事では、電動工具としての「はつり小型機」の基本的な知識から、その魅力や活用法までを徹底的に解説していきます。あなたの作業をより効率的かつ安全に進めるためのガイドとして、ぜひ参考にしてください。

この記事で分かること

  1. 電動はつり機の基本的な機能とその効率的な使用方法
  2. 小型電動ハンマーの特徴と狭い場所や高所での作業の適用性
  3. さまざまなブランド(マキタ、ボッシュ、ハイコーキなど)のはつり機の特徴と評価
  4. はつり機を選ぶ際の重要なポイント、特に打撃力と耐久性の考慮点
目次

電動工具はつり小型の基本知識

電動はつり機とは?

電動はつり機は、建築や解体作業において、コンクリートや石材を打撃するための工具です。

このように言うと、単なるハンマーのように思えますが、電動はつり機は高い打撃力を持ち、効率的に作業を進めることができます。

例えば、壁に穴を開ける際、手動のハンマーやドリルでは時間がかかる作業も、電動はつり機を使用すれば短時間で完了します。ただし、その強力な打撃力ゆえに、取り扱いには注意が必要です。

電動ハンマー小型の特徴

電動ハンマーの小型モデルは、その名の通りコンパクトなサイズが特徴です。現在の私は、この小型の電動ハンマーを特に狭い場所や高所での作業におすすめします。

その理由は、軽量で持ち運びやすく、狭いスペースでも扱いやすいからです。

また、小型であっても十分な打撃力を持っているため、家庭でのDIYやプロの現場作業にも対応可能です。しかし、連続しての大量の作業には向かないことも覚えておきましょう。

小型最強はつり機の選び方

小型のはつり機を選ぶ際、最も重要なのは「打撃力」と「耐久性」です。これを基準に選べば、長く使える製品を手に入れることができます。例えば、打撃力は1,000W以上のものを選ぶと良いでしょう。

また、ブランドや価格だけでなく、実際のユーザーレビューや専門家の意見も参考にすると、失敗の少ない選び方ができます。

ただ、高い打撃力を持つ製品は価格が高くなる傾向があるため、予算とのバランスを取ることも大切です。

はつり機のおすすめポイント

はつり機を選ぶ際のおすすめポイントは、以下の3つです。まず、打撃力が高いこと。これには、モーターの出力や打撃数などのスペックをチェックすることが大切です。

次に、耐久性が高いこと。これを確認するためには、製品の材質やブランドの評価、保証期間などを参考にすると良いでしょう。

最後に、使いやすさ。これは、グリップの形状や重さ、バランスなど、実際に手に取って確認することが最も確実です。

マキタ最強小型はつり機の特徴

この投稿をInstagramで見る

マキタ(@makita.jp)がシェアした投稿


マキタの小型はつり機は、そのコンパクトさと高い打撃力で多くのプロフェッショナルから支持を受けています。

特に、マキタのAVT技術は、振動を大幅に低減することで、長時間の作業でも疲れにくいというメリットがあります。

また、バッテリーの持ちや充電の速さも高評価。しかし、高性能な分、価格が高めであることや、重量がやや重い点も考慮する必要があります。

ハイコーキ小型最強はつり機の利点

ハイコーキの小型はつり機は、特に耐久性に優れていると言われています。多くの現場での実績があり、故障が少ないのが特徴です。

また、打撃力も十分で、多くの作業に対応可能。ただし、他のブランドと比較すると、やや重い点や価格が高めであることもあります。

製品名価格レビュー評価
HiKOKI(ハイコーキ) 単相100V 電動ハンマー 六角軸17mm H41SA4¥ 36,300円(税込)~★★★★★
HiKOKI(ハイコーキ) 単相100V 電動ハンマ 六角軸17mm H41SE¥ 56,308円(税込)★★★★
HiKOKI(ハイコーキ) ハンマー 100V ブラシレス SDS-max H45MEY¥ 72,464円(税込)★★★★★
HiKOKI(ハイコーキ) 単相100V 電動ハンマ SDSmaxシャンク H41ME¥ 56,308円(税込)★★★☆

ボッシュのハツリ機の強み

ボッシュのはつり機は、特に安全性と使いやすさに優れています。多くのモデルには、誤ってスイッチを入れた際の安全ロック機能や、振動を低減する技術が搭載されています。

これにより、作業中の事故リスクを低減することができます。

また、ボッシュの製品は、グローバルスタンダードとしての品質を持っており、長期間の使用にも耐える耐久性があります。ただし、その高品質な分、価格がやや高めであることも覚えておきましょう。

振動ドリルと簡易はつり機の違い

振動ドリルと簡易はつり機、これらは似ているようで異なる特徴を持っています。振動ドリルは、ドリルとハンマーの機能を兼ね備えた工具で、穴を開ける作業やネジを締める作業に適しています。

一方、簡易はつり機は、打撃専用の工具で、特に硬い材料を破壊する作業に向いています。これらの違いを理解して、適切な工具を選ぶことが大切です。

電動はつり機充電式VS100Vの比較

電動はつり機には、充電式と100Vの2つのタイプがあります。充電式は、バッテリーを使用するため、電源がない場所でも使用できる利点があります。

しかし、バッテリーの持ち時間や充電時間を考慮する必要があります。一方、100Vのはつり機は、電源を直接使用するため、連続しての長時間作業に向いています。

ただ、電源が必要なため、作業場所の選択に制限が出ることも。どちらを選ぶかは、使用目的や作業環境によって異なります。

電動工具 はつり 小型の選び方と活用法

電動ハンマーの徹底比較

電動ハンマーを選ぶ際、多くのブランドやモデルが存在します。このため、自分の使用目的や予算に合わせて、性能や価格、耐久性などを徹底的に比較することが大切です。

例えば、打撃力や振動の少なさ、バッテリーの持ち時間など、重視するポイントによって最適なモデルが変わってきます。また、実際のユーザーレビューや専門家の意見も参考にすると、失敗の少ない選び方ができます。

はつりハンマーの打撃エネルギーランキング

はつりハンマーの打撃エネルギーは、その性能を示す重要な指標の一つです。打撃エネルギーが高いほど、硬い材料にも効率よく作業ができると言われています。

現在、市場に出ているはつりハンマーの中で、打撃エネルギーが高いモデルは「マキタ」や「ボッシュ」の製品が上位にランクインしています。

ただ、打撃エネルギーだけでなく、他の性能や価格も考慮して、最適なモデルを選ぶことが大切です。

マキタのはつりハンマー最大打撃エネルギーランキング

順位機種名打撃エネルギー(J)※旧基準値消費電力(W)打撃数(min-1)軸タイプ備考
1HM181262J1,430W/2,000W870min-1専用六角軸(29mm)100V/200V低振動
2HM151154.7J1,430W/1,850W1,300min-1六角軸(30mm)100V/200V低振動
3HM1317C33.8J1,430W1,450min-1六角軸(30mm)低振動
48600S33.7J1,350W1,200min-1六角軸(30mm)
5HM150028.5J1,430W1,300min-1六角軸(30mm)100V/200V
6HM002G27.5J72V(36V+36V)充電式1,900min-1SDS-max80Vmax低振動
7HM1213C25.5J1,430W1,900min-1SDS-max低振動
8HM1111C17.2J1,300W2,650min-1SDS-max低振動
9HM120114.2J1,130W2,000min-1六角軸(21mm)
10HM001G12.1J36V充電式2,650min-1SDS-max40Vmax低振動
11HM0871C11.6J1,100W2,650min-1SDS-max低振動
12HM08308.3J1,050W2,700min-1六角軸(17mm)
13HM08107.6J1,050W2,900min-1六角軸(17mm)
14HK180D3.9J18V充電式3,200min-1SDSプラスケレン低振動防塵防滴
15HK18203.9J550W3,200min-1SDSプラスケレン
16HK1800L3.9J505W3,200min-1六角軸(13mm)ケレン
17HK18103.9J505W3,200min-1六角軸(13mm)ケレン
18HK1820L3.7J510W3,100min-1SDSプラスケレン
19HK05002.8J550W3,500min-1SDSプラスケレン

SDS-MAXや六角軸の軸規格の違い

はつりハンマーには、複数の軸規格が存在します。SDS-MAXや六角軸は、その中でも特に代表的なものです。

SDS-MAXは、高い打撃力を持つモデルに多く採用されており、プロの現場での使用に向いています。

一方、六角軸は、一般的な家庭用のモデルに多く見られ、DIYなどの軽作業に適しています。これらの軸規格の違いを理解して、自分の使用目的に合わせて選ぶことが大切です。

シャンク

シャンク形状

シャンクとは使用するハンマードリルの取り付け部分の形状を差します。

「SDSプラス」
「SDS-max」
「六角軸」

引用元 ウエダ金物 https://www.uedakanamono.co.jp/blog/hammer-drill

マキタのAVT技術とは?

マキタのAVT技術は、振動を大幅に低減するための独自の技術です。この技術を採用したはつりハンマーは、長時間の作業でも手や腕への負担が少なく、疲れにくいというメリットがあります。

また、振動が少ないため、作業の精度も向上します。このAVT技術は、マキタの製品において大きな強みとなっており、多くのプロフェッショナルから支

持されています。この技術は、特に長時間の作業や連続しての使用が求められるプロの現場で、その価値を発揮します。

しかし、AVT技術を搭載したモデルは、価格がやや高めであることも事実です。そのため、購入を検討する際には、そのコストパフォーマンスをしっかりと評価することが大切です。

圧倒的な低振動、AVT

振動3軸合成値6.0m/s²
※EN60745-2-6規格に基づき測定。

アクティブ動吸振器

「おもり」を「ピストン」と逆方向に押し出し、前後の振動を相殺。

防振二重構造

ハンドルと振動部を分離し「防振バネ」で振動を吸収。

引用元 マキタ https://www.makita.co.jp/product/40vmax_series/hm001grmx/hm001grmx.html

ハンマドリルとはつりハンマーの違い

ハンマドリルとはつりハンマー、これらは似ているようで、実は異なる機能を持っています。ハンマドリルは、ドリル機能とハンマー機能を併せ持つ工具で、穴を開ける作業やネジを締める作業に適しています。

一方、はつりハンマーは、打撃専用の工具で、特に硬い材料を破壊する作業に特化しています。これらの違いを理解して、適切な工具を選ぶことが大切です。また、どちらも使用する際には、安全対策をしっかりと行うことが必要です。

  • 通常の電動ドリルでは硬い素材に対してはパワーが足りず、全く歯が立たない。
  • ハンマドリルは、ブロック塀やコンクリート製のものに穴をあける際に最もよく使われる工具の一つ。
  • ハンマドリルは強力な回転と打撃の併用によって、コンクリートにも楽々穴あけ・ハツリを行うことができる。
  • 土木工事や建築業では、ハンマドリルは欠かせない工具となっている。
  • 電動ドリル、振動ドリルは全く別物であり、注意が必要。
  • ハンマドリルは、同じように打撃と回転を併用した「振動(インパクト)ドリル」とよく比較される。
  • 振動ドリルは、電気ドリルとチャックが共通しているため、同規格のビットを使用できる。しかし、ハンマドリルは電気ドリルとは全く別規格のチャックを使用している。

電動ハンマーの耐久性と信頼性

電動ハンマーを選ぶ際、耐久性と信頼性は非常に重要な要素となります。特に、プロの現場での使用を考える場合、日々の激しい作業に耐えることが求められます。

耐久性を確認するためには、製品の材質や製造国、保証期間などをチェックすると良いでしょう。信頼性に関しては、ブランドの評価や実際のユーザーレビューを参考にすることが大切です。

高い耐久性と信頼性を持つ製品を選ぶことで、長期間にわたって安心して使用することができます。

ライトピックハンマの特長と活用法

ライトピックハンマは、その名の通り軽量で取り扱いやすいはつりハンマーの一種です。この工具は、特に狭い場所や高所での作業に適しています。

その軽さゆえに、女性や高齢者でも扱いやすいというメリットがあります。活用法としては、家庭でのDIYや小規模な解体作業、ガーデニングなど、さまざまなシーンでの使用が考えられます。

ただし、大規模な作業やプロの現場での使用には向かないことも覚えておきましょう。

電動工具はつり小型機の徹底ガイド!まとめ

  1. 電動はつり機は、建築や解体作業において、コンクリートや石材を打撃する工具である
  2. 電動ハンマーの小型モデルは、狭い場所や高所での作業に適している
  3. 小型の電動ハンマーは、DIYやプロの現場作業にも対応可能である
  4. 小型のはつり機を選ぶ際、打撃力と耐久性が重要である
  5. 「マキタ」や「ボッシュ」の製品は、多くのプロフェッショナルから支持を受けている
  6. 振動ドリルと簡易はつり機は、異なる特徴を持っている
  7. 電動はつり機には、充電式と100Vの2つのタイプが存在する
  8. 電動ハンマーを選ぶ際、性能や価格、耐久性を徹底的に比較することが大切である
  9. はつりハンマーの打撃エネルギーは、性能を示す重要な指標の一つである
  10. ボッシュのはつり機は、安全性と使いやすさに優れている
  11. ハイコーキの小型はつり機は、耐久性に優れていると評価されている
  12. 電動ハンマーの耐久性と信頼性は、プロの現場での使用を考慮する際に重要である
あわせて読みたい
プロも認める?カインズオリジナル電動工具の真実と評判 DIY愛好者やプロの職人の間で話題となっている「カインズ オリジナル 電動 工具」についての評判は、その品質や性能を知る上で欠かせない情報源となっています。 この記...
あわせて読みたい
マキタエアダスター18Vと40Vを評価!ブロワーとの違いを調べた。 マキタのエアダスター40vが市場に登場してから、多くのプロフェッショナルやDIY愛好者から高い評価を受けています。 その高い性能と使い勝手の良さは、ポルシェボクスタ...
あわせて読みたい
金属を削る最適な電動工具とは?綺麗に仕上げるポイント解説 金属加工の際、最も重要なステップの一つが「削る」作業です。 この作業を効率的かつ綺麗に行うためには、適切な電動工具の選択が不可欠です。しかし、多種多様な電動工...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次