【マキタ電子レンジの魅力と口コミ】工事現場やアウトドアや防災にも?

当ページのリンクには広告が含まれています。

マキタといえば、電動工具のトップブランドとしてのイメージが強い。しかし、最近の話題として、マキタの電子レンジが工事現場やアウトドア愛好者の間で注目を集めている。

その理由は、持ち運びやすさやバッテリー駆動の利便性、そして耐久性にある。この記事では、マキタ電子レンジの特徴や利点を詳しく解説し、実際のユーザーからの口コミをもとに、その魅力を探る。

工事現場やアウトドアでの食事が、この電子レンジのおかげで一変するかもしれない。

この記事で分かること

  1. マキタ電子レンジの主な特徴と利点
  2. 工事現場やアウトドアでの使用適性
  3. 実際のユーザーからの評価や反応
  4. マキタ電子レンジの持ち運びや使用時の便利さ
目次

マキタ電子レンジの最新情報と口コミまとめ

現在の私は、マキタの電子レンジに関する最新情報と口コミを調査し、この記事で詳しく紹介いたします。

この投稿をInstagramで見る

マキタ(@makita.jp)がシェアした投稿

マキタ電子レンジの基本仕様

マキタの電子レンジは、工事現場などの屋外での使用を想定して開発された製品です。主に、40Vのリチウムイオンバッテリーを使用し、約20分の連続使用が可能です。

しかし、一般的な家庭用電子レンジと比較すると、加熱能力や容量はやや劣る点が挙げられます。このため、使用目的や場所によって選択することが重要です。

特長

※写真のバッテリ・充電器・工具等は別販売品です。

40Vmaxバッテリで、どこでも温められる

充電式なので、電源のない場所でも
食べ物や飲み物を温められるコードレス電子レンジ。

建築・建設現場で

車内での食事に

災害時の備えに

大きなお弁当※も入る庫内サイズ

庫内容量8L。

※一部商品は除く。

見やすく、使いやすい操作パネル

掃除しやすく、お手入れも簡単

フラットテーブルで掃除しやすい

スポンジフィルターも清掃可能

別販売品の充電式エアダスタAS001Gを使えば、ゴミやホコリが吸着したスポンジフィルターの清掃を同じ40Vmaxバッテリで清掃可能。

1充電で温められる回数(目安)※1

BL4080F(8.0Ah)バッテリ×2本装着時
冷蔵弁当:約11回※2
飲み物(200mL):約20回※3

※1:数値は参考値です。バッテリの充電状態や食品の条件により異なります。
※2:冷蔵弁当を500Wで3分間温めた回数です。
※3:飲み物を(200mL)を500Wで1分35秒温めた回数です。

出力500W※で約35分加熱可能

BL4080F×2本装着時。

※出力500Wは短時間高出力機能により約8分後に、自動的に350Wに切り替わります。
表記の使用時間は500W(約8分間)の使用時間です。

安心の保護機能

転倒時停止機能

傾いた状態では動作しません。転倒時も安心。

扉開閉保護機能

運転中に扉を開けると、直ちに自動停止します。

取り忘れ防止機能

加熱終了後に操作が無い時は、1分おきに取り忘れ防止音が鳴ります。

どこでも運べる優れた可搬性

ハンドル付

折り畳み可能。

ショルダーベルト取付可能
(別販売品)

部品番号: A-60589

※物を入れて持ち運んだり、収納・保管用途で使用しないでください。

USB機器を充電可能

最大出力2.4A充電
USB・Type-A形状

引用元 マキタ公式

マキタ電子レンジの値段は?

マキタの電子レンジの平均的な価格は、80,000円以上となっています。取り扱い店舗や時期、モデルによって価格は変動しますので、購入を検討する際は、複数の店舗やオンラインショップでの比較がおすすめです。

楽天などがポイントと併用すると安いです。

リサイクルショップやメルカリにも掘り出し物が!

マキタ電子レンジ発売日の詳細

マキタの電子レンジは、2023年に発売されました。その後、多くの工事現場やアウトドア愛好者からの高い評価を受けています。

マキタ電子レンジのバッテリーは?

マキタの電子レンジは、40Vのリチウムイオンバッテリーを使用しています。このバッテリーは、マキタの他の電動工具と共通で使用することができるため、工具を持っている方には非常に便利です。

ただ、バッテリーの持ち時間や充電時間は、使用状況やバッテリーの容量によって異なります。

項目仕様
主要機能
出力※1350W / 500W
発振周波数2,450MHz
設定可能時間10秒~20分(10秒刻み)
基本仕様
庫内容量8L
電圧※2直流36V(40Vmax)
質量(kg)※38.8
USB電源端子
出力電圧直流5V
出力電流直流2.4A
形状USB Aタイプ
寸 法(mm)※3
機体寸法343×318×338
庫内寸法255×241×120
設置寸法左右2cm以上、後方・上方10cm以上
1充電使用時間(目安)※4
装着バッテリ出力モード
BL4025×2本350W: 約14分 / 500W※1、※5: 約8分
BL4040×2本350W: 約21分 / 500W: 約15分
BL4050F×2本350W: 約30分 / 500W: 約22分
BL4080F×2本350W: 約48分 / 500W: 約35分
PDC1200350W: 約1時間53分 / 500W: 約1時間24分

マキタ電子レンジ最安値は?

マキタの電子レンジの最安値は、大手家電量販店やオンラインショップでのセール時には、75,000円前後で購入することができる場合もあります。ただ、品薄となることもあるため、購入を検討する際は早めのチェックが必要です。

マキタ電子レンジは100Vではつかえるのか?

マキタの電子レンジは、基本的にバッテリー駆動のため、100Vの電源は必要ありません。しかし、バッテリーの充電には専用の充電器と100Vの電源が必要です。

ハイコーキに電子レンジ製品はない?

ハイコーキは、マキタとは異なるブランドであり、現在、電子レンジの製品はラインナップされていません。

ハイコーキは、主に電動工具の製造・販売を行っています。

マキタに炊飯器は発売されていない理由

マキタは、世界中で知られる電動工具の専門メーカーとして、その名を轟かせています。

その技術力は、ドリルやグラインダー、チェーンソーなどのプロフェッショナル向けの工具に特化しており、これらの製品は建築現場や工事現場での使用を前提として設計されています。

このような背景から、マキタが家電製品、特に炊飯器のような製品を市場に投入することは、ブランドのイメージや専門性とは異なる方向性を持つと考えられます。

また、炊飯器市場は既に多くの大手家電メーカーが競合しており、高度な技術や独自の機能が求められるため、新規参入のハードルは高いと言えるでしょう。

マキタがその専門性を活かし、独自の価値を提供できる製品を開発・販売することが、ブランドの強化や成長に繋がると考えられます。

このため、現状では炊飯器の製品化は見送られていると推測されます。

マキタ電子レンジの実際の使用感と口コミ

マキタの電子レンジに関する実際の使用感や口コミを、以下に詳しく紹介します。

マキタ電子レンジに関するユーザーの口コミまとめ

この投稿をInstagramで見る

マキタ(@makita.jp)がシェアした投稿

1. 製品の用途と市場のニーズ

  • マキタの電子レンジは、工事現場での弁当温めやアウトドア向けとしての使用が想定されている。
  • 一部のユーザーは、遊びとしてモバイル太陽光パネルやポータブル電源と組み合わせて使用している。
  • 車中泊用途には、ポータブルバッテリーと小型の電子レンジが経済的との意見も。

2. マキタの製品ラインナップと市場の動向

  • マキタは、電子レンジの他にも冷蔵庫やケトルなどの家電製品をラインナップしている。
  • 今後の展開として、IHコンロやホットプレート、炊飯器などの製品も期待されている。
  • 一部のユーザーは、マキタがホームセンターのカセットガス製品やiwataniとの競合を意識しているのではないかとの見解を示している。

3. バッテリーと電源に関する意見

  • マキタの電子レンジは40VMaxを使用しており、一部のユーザーはその選択に疑問を持っている。
  • 18Vとの互換性がない点は、市場での受け入れが難しいとの意見も。
  • ポータブル電源の選び方について、従来の三元系は避けるべきとのアドバイスがある。

4. 価格とコストパフォーマンス

  • マキタの電子レンジの実勢価格は8万円程度との情報があり、一部のユーザーはその価格に対するコストパフォーマンスに疑問を持っている。
  • しかし、マキタのバッテリーを既に所有しているユーザーにとっては、価格に見合った価値があるとの意見も。

5. その他の意見

  • 一部のユーザーは、Amazonでの購入を推奨しており、温かい食事の提供による利便性を評価している。

工事現場でのマキタ電子レンジの利用と耐久性

工事現場は、一般的に電源の確保が難しい環境が多いです。

特に高所や地下、新築中の建物内など、電源供給が制限される場所では、食事の温めや調理が難しい場面があります。

このような状況で、マキタの電子レンジはその真価を発揮します。40Vのリチウムイオンバッテリーを使用することで、約20分の連続使用が可能となり、一般的な弁当の温めから、簡単な調理まで幅広く対応します。

さらに、マキタの電子レンジは、耐久性や防塵性に特化して設計されています。これにより、粉塵が多い場所や湿度が高い場所でも、故障のリスクを低減させることができます。

また、約8万円という価格帯でありながら、その性能と耐久性は多くの職人から高い評価を受けています。

さらに、マキタの電子レンジは、他の電動工具と同じバッテリーを共有することができるため、工事現場でのバッテリーの管理や充電の手間を大幅に削減することができます。

これにより、工事現場での作業効率の向上や、作業員の負担軽減にも寄与しています。

マキタ電子レンジの動作時間とバッテリー

マキタの電子レンジは、40Vのリチウムイオンバッテリーを使用しており、フル充電時に約20分の連続使用が可能です

。バッテリーの容量や使用状況によって動作時間は異なりますが、一般的な加熱作業には十分な時間を確保できます。

また、バッテリーはマキタの他の電動工具と共通で使用することができるため、工具を持っている方には非常に便利です。

いざという時の防災にも活躍

マキタ電子レンジの市場需要と競合製品

マキタの電子レンジは、工事現場やアウトドア愛好者からの需要が高まっています。一方で、同じようなニーズを持つ競合製品も少なくありません。

しかし、マキタの電子レンジは、耐久性やバッテリーの共通性など、独自のメリットがあります。これには、マキタの長年の電動工具製造のノウハウが生かされています。

マキタ電子レンジの充電式化の取り組み

「充電式」という言葉からもわかるように、マキタの電子レンジは環境に優しい製品として開発されました。

従来の電子レンジと比較して、電気を直接使用しないため、CO2排出量の削減にも貢献しています。

また、マキタはバッテリーのリサイクルや再利用にも取り組んでおり、持続可能な社会の実現に向けた活動を行っています。

マキタ電子レンジの魅力と口コミまとめ

  1. マキタの電子レンジはバッテリー駆動で、100Vの電源は不要
  2. バッテリー充電には専用の充電器と100Vの電源が必要
  3. 電子レンジは100V単独では動かない
  4. マキタは電動工具の専門メーカーで、家電製品は主力ではない
  5. マキタの電子レンジは工事現場やアウトドア向けに使用が想定されている
  6. 一部のユーザーはモバイル太陽光パネルやポータブル電源と組み合わせて使用
  7. マキタの電子レンジは40VMaxを使用し、18Vとの互換性はない
  8. マキタの電子レンジの実勢価格は約8万円程度
  9. マキタの電子レンジは2023年に発売され、多くの評価を受けている
  10. 40Vのリチウムイオンバッテリー使用で、約20分の連続使用が可能
  11. マキタの電子レンジは耐久性や防塵性に特化して設計されている
  12. マキタの電子レンジは環境に優しい製品として開発され、CO2排出量の削減に貢献
  13. マキタはバッテリーのリサイクルや再利用にも取り組んでいる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次